もとちゃん&けいちゃん全国漫遊の旅

夫婦2人が ランドホームコースター(バスコン)をお供に・・・   のんびり・ゆったり日本全国をくまなく漫遊。 行き先々の様子をブログに記録していきます。

九州の旅「2013・2014」

福岡6日間の小旅行

8月25日~30日まで福岡に行ってみました。

8月25日
朝起きると良い天気!
福岡でイカ(去年のリベンジ)とラーメンが食べたくなり(他にも㊙の要件有)、10時ごろ阪九フェリーに電話で空車・空室の確認。
本日はガラガラとのことで即刻 「当日予約」。
今回はヘッドのレンジローバーだけでお出かけなので、人も車も2割引き・・・シルバー割引適用です(*^^)v
普通車と大人2名、部屋は個室で何と28,8000円  安い!(前回はトレーラーを引き6万円弱でした)
フェリー乗り場へは自宅から15分で行けるので、16:30頃に自宅を出発。
17:30に新門司に向け、泉大津を出港しました。

Img_2635_3

Img_2661_2
※写真中央のゴルフ練習場ネットのとこら辺に我家があります

8月26日
予定通り6:00に新門司に到着。
近くのセブンイレブンで朝食をとり、まずは壮大なカルスト台地 “平尾台” に向かいました。

Img_2663

Img_2667

Img_2668
カルスト台地を見た後、すぐ近くにある “千仏鍾乳洞” へ行き、中に入ってみることにしました。

Img_2678_2

Img_2677_2

Img_2670
全長は1200mあり、900mの地点まで照明があるので行くことができます。
洞窟は非常に狭く、横向きでないと通れないところが多々ありましたが、(閉所恐怖症の方は絶対無理!)
500mほど進んだところで思わぬ障害が・・・(・・;)

Img_2671通路に湧水が川のように流れており、足首まで浸かる深さ! そして非常に冷たい!
素足でチャレンジするも冷たすぎて、数秒ほどしか足をつけていられません。
そこから進むことができずに引き返し、管理人さんに 「根性なし!」 と笑われました^_^;

お昼ご飯は門司港まで戻り、レトロタウンへ。
2時間ごとに上がる橋(かちどき橋の小さい版)を眺めながら“海鮮焼きカレー”をいただきました。

Img_2688


Img_2687_2
午後からは皿倉山にケーブルカーとスロープカーで頂上を目指します。

Img_2692

Img_2696

Img_2697

Img_2700
そして頂上は・・・

Img_2702

Img_2704

Img_2706

Img_2707 
何も見えませんでした (T_T)

今日のお泊りは芦屋町のマリンテラス芦屋です。
昨日フェリーの中で予約ができました。(27日の宿泊と二日分)
玄界灘に沈む夕日を眺めながら、イカ活き造りに舌鼓 d(^^)b

Img_2724

Img_2725

Img_2726

8月27日
今日は朝から2時頃まで ㊙行動 です。(またいつか・・・公開します ^^)
㊙行動 終了後、本日の宿泊地志賀島へ向かいますが、途中に宗像大社に立ち寄りました。

Img_2729

Img_2730

Img_2731
志賀島へは海の中道(左に福岡湾、右に玄界灘)を通っていきます。

Img_2732

Img_2734

Img_2739
そしてお泊りは、25日にフェリー内で予約した “休暇村志賀島” です。

8月28日
今日は午前中に大宰府、午後は福岡タワーと糸島半島をぐるりと回り・・・
そしてお泊りは中洲のビジネスホテル(朝の予約でとれました)に泊まります。

大宰府へは高速を利用し小一時間で到着。

Img_2742

Img_2749


Img_2744_2

___2 ※御朱印も頂きました。

この後は福岡市のシーサイド百道へ向かい、海浜タワーでは日本一高い “福岡タワー” から市内の展望です。

Img_2750_3

Img_2756

Img_2757

Img_2759

Img_2764

 



Img_2766_2

Img_2773

Img_2760

Img_2761
2時間ほど地上120mの展望所で遊んだあとは、糸島半島をドライブ。
桜井二見ヶ浦で夫婦岩(伊勢のみょうと岩より超小ぶり)を海岸に下りて写真。

Img_2780_2
半島北西にある日本三大玄武洞の“芥屋の大門”を見ようと船着き場に行くと・・・

Img_2783_2 波が高く「全便欠航」となっておりました。(T_T)

夕刻に博多に入りホテルにチェクイン後、中洲にくりだしました。

Img_2785

Img_2787

Img_2786

Img_2790

Img_2791 ※ここでも 透明のイカ活造り いただきましたが、この時期のヤリイカ(剣先イカ)は美味いヨ!

本日の〆は “屋台ラーメン” 

Img_2792

Img_2797 

8月29日
朝から大雨!
天候の回復は望めそうにないので、大阪に帰ることにしました。
金曜日なのにフェリーの予約もすんなりと取れました。
一般道を西進し、スペースワールド付近のイオンで時間を潰し、新門司港に夕刻到着。

Img_2800
17:30出航し、30日の6:00に泉大津に到着しました。

Img_2802
※ピンクが今回のルートです。


 ⇦こちらも(*^^)
にほんブログ村
  ⇦できればこちらも(^_-)
にほんブログ村


トラベルトレーラーと【南九州21日間の旅】

 
4月7日から4月27日までの21日間で、宮崎・鹿児島がメインの旅です。
お供はレンジローバー・トラベルトレーラー シルバー310・キャリーミーです。
今回の旅もトラベルトレーラーを牽引していきましたが、大活躍してくれました。
折りたたみ自転車キャリーミーは、無料レンタルがあったため未使用となりました。

今回の行程としては・・・

● 7日、山陽自動車道→岡山道にて岡山県新見市へ。新見のホテルエイコー1泊
● 8日、新見の伊倉洞等を見てから新見を出発し、山口県の中国自動車道 王司PA
● 9日、小倉東ICから10号線で大分県に入り、別府の地獄めぐりをして別府温泉の旅館 泊。
●10日、湯布院・くじゅう高原観光し、熊本県に入り、黒川温泉の旅館 泊。
●11日、やまなみハイウェイをドライブし、あそ駅近くの 阿蘇いこいの村オートキャンプ場 泊。
●12日、阿蘇の中岳をゆっくりと見て、南阿蘇の ビラ・マイルドオートキャンプ場 泊。
●13日、終日大荒れの天気。コインランドリーで洗濯し、宮崎県の高千穂に移動。高千穂の旅館 泊。
●14日、半日強かけて、ゆったりと高千穂峡を満喫し、夕刻に日向へ。
道の駅 日向 泊。
●15日、西都・綾を観光し、宮崎市内を通過して、道の駅 フェニックス 泊。
●16日、鵜戸神宮に参拝し、日南海岸をドライブ。鹿児島県の都井岬へ。道の駅 くにの松原おおさき 泊。
●17日、鹿屋・佐多岬を観光し、根占のフェリー埠頭でフェリー駐車場 泊。
●18日、長崎鼻・池田湖を観光し、休暇村指宿 泊。
●19日、知覧の武家屋敷を見て、鹿児島市内へ入り市内夜の観光。格安のホテル 泊。
●20日、仙巌園をゆっくり見て、フェリーで桜島へ。道の駅 たるみず 泊。
●21日、桜島から霧島に移動し霧島神社を参拝し、霧島ハイツ 泊。
●22日、霧島周辺を探索するも風雨のためドライブのみ。21日のハイツ連泊
●23日、都城へ移動し、関之尾滝・霧島酒造を見てさらに青島に移動。宮崎白浜オートキャンプ場 泊。
●24日、宮崎市内の観光と宮崎神宮、青島の青島神社参拝をし、宮崎白浜オートキャンプ場に連泊。
●25日、この日から帰路につき、大分県の佐伯市まで走行。道の駅 やよい で車中泊。
●26日、さらに宇佐市まで北上し、宇佐神宮参拝と昭和ロマン蔵を見て新門司港へ。フェリー泊。
●27日、AM6:00 大阪泉大津港に到着。

全走行距離 = 2,449km
車中泊    = 11泊
宿泊施設泊 =  9泊       の旅でした。

Tizzu

Img_1274



 



【4月7日・8日】

 昨年まで勤めていた会社の岡山事業部に挨拶のため新見に立ち寄りました。
夜は小料理屋さんで、お世話になった人たちと美味しい料理とお酒で思い出話・・・

8日には前日会えなかった人たちと会い、井倉洞に立ち寄ってから中国道をひたすら西進!
山口県の王司PAで21時となったので、ここで車中泊することに。

Img_0028

Img_0037

 


【4月9日】

早朝に九州入りし、10号線を別府まで南下。
この日は坊主地獄・海地獄・山地獄・かまど地獄・白池地獄・鬼山地獄をめぐりました。

Img_0066

Img_0079_2

Img_0087_2

Img_0105_2

Img_0121_2

Img_0153

本日のお泊りは勿論 『別府温泉』 でございます。(前日に予約でOKでした)
お安くしていただいた旅館でしたが、お料理もボチボチで、お湯はGOODでした。

Img_0116



【4月10日】
朝から竜巻地獄と血の池地獄を見に行きましたが、竜巻地獄では到着と同時に噴射!
待たずして見られてラッキー(*^^)v    でした。

Img_0164

Img_0172

Img_0173_3

Img_0163_2


Img_0159

午後からは由布岳を眺めながら湯布院へ向かいます。
湯布院は街並みを見るだけにして、次の宿泊地である『黒川温泉』へ “やまなみハイウェイ” をドライブ(^v^)

Img_0185

Img_0186_2

Img_0188 
九重“夢”大吊橋にも立ち寄りました。

Img_0189_2

Img_0190_2

Img_0196_2

Img_0197

そして黒川温泉へ!!
思っていた通りの 風情あふれる 温泉郷でした。

Img_0213

Img_0219

Img_0250 
前日予約でお安くしていただきましたが、料理もお風呂も大満足!

Img_0211

Img_0226_2

Img_0293_3 
良い一日でした・・・

【4月11日】
この日の宿泊は『阿蘇いこいの村オートキャンプ場』に行くことにしました。
このキャンプ場は広いので予約は不要らしく、いつでもOKとのこと・・・
まずは “くじゅう花公園” によってから向かうことに。

Img_0302

Img_0303_2

Img_0325 
「本日の入場料は半額」の看板を見てラッキー(*^^)v  と思ったが・・・花が咲いてません!
超々ショック!!!  
仕方なく早々に切り上げて、九重連山を眺めながら阿蘇に向かうことにしました。

Img_0298

九重からは やまなみハイウェイ を南下し、城山展望所を経て阿蘇駅近くのキャンプ場に向かいます。
展望所からは、遠くにかすんだ阿蘇五岳が望めました。

Img_0361_2

Img_0360
夕刻に今日の宿泊地“阿蘇いこいの村”に到着。
受付の女性は 「好きな所に車で入って、好きな所でどうぞ。」 とのこと
いざ入場してみると(@_@) ・・・ 何万坪あるのだろう?

Img_0367

Img_0366

Img_0365
この日の利用客は三組だけで、この広大なキャンプ場を使ってました。^_^;


【4月12日】
朝9時にキャンプ場を出発。
この日は阿蘇パノラマラインを走り、阿蘇中岳を目指します。
草千里ケ浜のインフォメーションで中岳の状況を聞くと “本日は火口までOK” とのこと。
※草千里ケ浜のPから中岳の噴火が見える。

Img_0384 
この草千里ケ浜から有料道路を使って、一気に阿蘇中岳に昇ります。
中岳を見ることができて本当に嬉しかった ヽ(^。^)ノ\(^o^)/

Img_0393

Img_0401

Img_0409

Img_0411_2



Img_0420

Img_0428_3

 活火山は迫力あるなぁ・・・

この日のお泊りは阿蘇山の南にある “ ビラ・マイルドオートキャンプ場” です。
中岳を堪能し、キャンプ場に向かいますが、途中に “白川水源” によりました。
この水源は吉見神社の境内にある水源で、毎分60トンの清水が湧いているそうです。
※湧いているところが写真ではわかりにくいですね

Img_0437

Img_0441_2

Img_0447
夕刻5時頃にキャンプ場に入り設営が終る頃、このころから雨がポツリポツリと落ちてきました。
夕刻までは小雨でしたが、夜から本降りに・・・

Img_0452_2

Img_0450_2 
食料の仕入れはしていないので近くの食堂で夕飯食べて就寝。


【4月13日】
朝から土砂降りです。
9時にはキャンプ場を出て、近くのスーパー銭湯で朝風呂・・・
隣のマッサージ屋さんで1時間マッサージ・・・
つまらない一日になりそうだったが、マッサージ屋さんがお薦めの店で鹿児島牛の焼肉で舌鼓。

Img_0457

Img_0456_2 お店からは阿蘇五岳が雲の切れ間から一瞬だが、姿を見せてくれました。

Img_0460

この日は風雨が非常に強く、観光は断念。
早速、高千穂の旅館に予約を入れて早々に移動することにした。
※途中にある神楽酒造の道の駅に立ち寄りました。

Img_0464

Img_0461

Img_0462




今日のお宿は今国旅館です。
当日予約に対応していただきました。
駐車場は広くてトレーラーも連結したままでOKで、料理もGOOD、おまけに食後には高千穂神社の“夜神楽”
にバスで送迎していただきました。
至れり尽くせりで大満足の旅館に、昼間の悪天候は帳消しとなりましたよ(*^^)v

Img_0565


Img_0568_2


Img_0472_2

Img_0474

Img_0480

Img_0534 

【4月14日】
朝一番に高千穂神社を参拝し、高千穂峡へ・・・
たっぷり時間をとって観光しました。(ボートに乗って下から見た高千穂峡も良かった!)

Img_0571

Img_0584


Img_0578

Img_0593_2

Img_0599

Img_0604

Img_0607

 

 

 

 

Img_0610

Img_0614

Img_0649

Img_0659
高千穂峡を堪能した後、車で30分ほど北にある “天岩戸神社” に行きました。
天照大神が身を隠した時に、神々が会議をした洞窟にも歩いてみました。

Img_0696_2

Img_0698


Img_0699_2

 ※神々の会議場


Img_0707

Img_0704

Img_0705
それらしき洞窟を見て、高千穂を離れ今日の泊地の“道の駅日向”に向かいました。
途中に青雲橋で休憩。

Img_0711

 




この日は道の駅日向で泊まります。


Img_0721_3

 

下の写真は翌日に立ち寄った“道の駅つの”ですが、すぐ南にあります。
こちらの方が良かったと反省!


Img_0724_2


【4月15日】
日向を7時に出発。
西都から綾の観光をして、日南の“道の駅フェニックス”で泊まる予定。
西都では自転車で古墳群を散策。

Img_0767

Img_0728

Img_0731

Img_0746
綾では国際クラフトの城 “綾城” へ

Img_0766

Img_0768

Img_0767
ここで4時近くになったので、早々にフェニックスへ向かいます・・・が
途中でホテルのお風呂に600円で入らせてもらいました。
※大きなホテルですが立ち寄り湯をさせてくれます

Img_0773_2 
道の駅フェニックスに着いたのは暗くなってから・・・
朝起きるとこんな景色でした(^^)

Img_0780

【4月16日】
日南海岸(日南フェニックスロード)をドライブし、観光をしながら都井岬を目指します。
サンメッセ日南に立ち寄り、モアイ像を見る予定がなんと! 定休日(T_T)

Img_0784 仕方なく次の地 “鵜戸神宮” へ
海岸沿いのポッカリ開いた大洞窟に神武天皇の父神をまつってあるそうだ。
崖には亀石があり、運玉を投げ込むと願いが叶うそうだが ・・・ やめた!

Img_0787

Img_0788

Img_0790
※下の写真には少々仕掛けをしました(わかるかな?)

Img_0791_2

Img_0793_2

Img_0795_2
日南海岸には “せんたく岩” や “海岸樹林” 等、見どころが一杯ありました!

Img_0812

Img_0818

Img_0819




夕刻に都井岬に着きましたが、なんと岬への道路には馬や猿が道路を歩いています。
彼らが最優先のため、退いてくれるまでは進めません!
灯台の門限が迫っているのに・・・(T_T)

Img_0822

Img_0823
やっぱり間に合いませんでした・・・

Img_0833_2

Img_0834_2

Img_0835
無念ながら下山することに・・・下山途中、放牧地に入りお馬さんと戯れ?る。

Img_0861

Img_0854

Img_0846
今日は“道の駅くにの松原おおさき”で車中泊。(この道の駅には温泉が併設されている)

Img_0864

 

【4月17日】
6:30に朝風呂をいただいて道の駅を出発。
この日は鹿屋の航空基地と錦江町の神川大滝を経て、本州最南端の“佐多岬”に向かいます。
※ここでは特攻の史料が展示されており、半日の時間を費やしました。

Img_0875

Img_0876

Img_0871

Img_0869
大滝は迫力満点でした。

Img_0882_2
ここから佐多岬を目指しますが、途中の“道の駅根占”に立ち寄り、うっすら見える薩摩半島の開聞岳をパチリ。

Img_0883

Img_0884 道の駅から佐多岬まで往復80K・・・頑張りました。

Img_0902

Img_0897_2
明日はフェリーで指宿に向かいます。
佐多岬から根占フェリー埠頭に戻り、フェリー乗り場で車中泊。  
※この後、朝方まで大荒れの天気(風雨)で眠不足ぎみに・・・  

Img_0909_3

【4月18日】
朝6時頃、漁船のエンジン音で目覚めると、雨は小雨だが風が強い。
この風でフェリーは欠航しないか漁師さんに聞いてみると「船が小さいので五分五分だなぁ・・・」
9時に地上係員が出勤してきて準備を始めた! 指宿に渡れる(*^^)v
トイレを借りてから乗船手続きを済ませ、出航までに今日のお宿の予約も済ませた。
※フェリーは10台ぐらいで満車! (シルバーちゃんの屋はソーラーパネルだけですっきりです。)

Img_0911

Img_0918

Img_0920
無事に指宿の山川港に50分ほどで到着し、6kmほど走って長崎鼻に向かいます。
長崎鼻パーキングガーデンに駐車し、園内でインコショーや動物を見てから園内を通りぬけて長崎鼻へ。
※インコ、フラミンゴ、猿各種、ダチョウ等・・・アフラックもいました。

Img_0926

Img_0932

Img_0954

Img_0928
※潮がひいていたので、長崎鼻の先の先までいきました。

Img_0957


Img_0962
午前中たっぷりと長崎鼻で時間を費やし、池田湖に向かいます。
池田湖パラダイスで特上の鰻丼を舌鼓(^.^)美味かった

Img_0966

Img_0968

Img_0965
今日のお宿は “休暇村指宿” です。

Img_0969
すぐ隣がキャンプ場なんですが、昨日のP泊でトレーラーに走行充電されていないことが判明!
とりあえず今日と明日は旅館を利用することにして、鹿児島市内でディーラーに持込み点検することにする。


【4月19日】
この日は知覧で武家屋敷をみて鹿児島市内に入りました。
知覧の市営駐車場は普通車扱いにしてくれましたヨ <m(__)m>

Img_0992

Img_0985

Img_0974

Img_0973
鹿児島市内にはPM2時ごろについて、ちょっと早いのですが宿泊先に車を置いて、市電で繁華街に向かいました。

Img_0994

Img_0995

Img_1001

Img_1005

※市内の小料理屋で食べたキビナゴ、さつま揚げは美味かったぁ~



今日のお宿は素泊まりで一人2300円です^_^;


【4月20日】
朝一番にランドローバーに牽引したまま点検に行きました。

Img_1007
念入りに電気系統をチェックしていだだきました。
「レンジローバー側に一切問題ありません。」と断言されたサービスの方は頼もしかった!
(帰阪後のトレーラー点検で、原因はやはりトレーラーの方でした。)
礼を言って出ようとしたら 「今日はひどい雨ですが、仙巌園だけは見て帰ってください」 と案内していただいた。

Img_1026

Img_1017

Img_1020



NHKの大河ドラマの撮影場所も数多くありました。(篤姫になりきった人も・・・チラホラ)
この後は市内に別れを告げ、桜島にフェリーで渡ります。
※雨で桜島は見えません

Img_1046

Img_1043

Img_1042
明日は晴れるかもしれないので、今日は “道の駅たるみず” で車中泊することにした。
シルバーちゃんのバッテリーは底を尽きかけているので、電気を使用せず早寝する。


【4月21日】
朝起きると雨は止んでいるが曇っていて桜島は見えない!
あきらめて出発の準備をしていたら 『ドカーン!!!』 と大きな爆発音がした。
車から出てみると・・・

Img_1048

Img_1051
タイミングよく噴火したのと一瞬雲が切れてました・・・ラッキー (*^^)v
桜島が見れたので、霧島に移動することにしました。
霧島神社を参拝し、朝に予約した“霧島ハイツ”に泊まります。
※君が代の さざれいし がありました。

Img_1065


Img_1060
霧島ハイツに行くと、4km先に名湯があるとのことで、いただきに行きました。

Img_1073

Img_1116
築40年のボロボロの建屋で、絶対泊まりたくない内装。
しかしお湯は素晴らしかった!
湯の花が尋常な大きさじゃない・・・手ですくえるほどの大きさ!(卵スープの中にいる感じ)
さすがに国立公園内にあるお宿(国民宿舎らしい)、ここが源泉だそうだ。


【4月22日】
お風呂につられて連泊することにした。
よってこの日はレンジ君だけで霧島を観光することにした。
※シルバーちゃんは留守番です

Img_1076

Img_1079

Img_1091

Img_1099 この日も雨がきつく、観光も面白くなくなり3時に切り上げて、昨日の温泉に行くことにしました。
自分ではゆっくりと浸かったつもりだが、他の人の入湯は長いこと長いこと! この湯は湯治湯らしい。
よって、お湯の写真を撮れなかったのが残念・・・


【4月23日】
天気が良ければ、旅館から桜島と開聞岳が見えるそうだが、雲海が邪魔をします。

Img_1117 
あきらめてチェックアウトして、近くの高千穂牧場にいきました。
※ここからは霧島連山が望めました。

Img_1127

Img_1138

Img_1139
※午前中は動物たちと戯れ、ソフトクリームを食べてご満悦・・・でした。

Img_1129

Img_1130

Img_1144

Img_1136 
このあとは都城に移動して関之尾滝を見て青島に向かいます。
いよいよ旅も終盤です。
※上流に行き、世界最大級の甌穴群も見ました。 

Img_1149_4

Img_1156_2

Img_1155_2
市内に入り、芋焼酎の“霧島”を作っている霧島酒造に立ち寄りましたが、残念ながら見学は終了してました。
※本社に湧き出る清水は、無料で地元民に提供されてました。

Img_1157

Img_1158

Img_1159 
今日のお泊りは宮崎白浜オートキャンプ場です。
ここから予約を入れましたが、OKをいただきフェニックスに向かいます。

Img_1186

Img_1187

Img_1188


Img_1161

 
キャンプ場に着いてビックリ! なっなっなんと・・・貸切 !!!
明日も利用客はいないとのことなの、で連泊させてもらうことにしました (*^^)v
※私たち1組のために、管理人さんがいてくれました。


【4月24日】
日南海岸に昇る朝日

Img_1189_2
今日はヘッドのレンジ君だけで宮崎市内と青島にいきます。
宮崎神社に参拝した後、るるぶに載ってる店でチキン南蛮をいただき、近くのイオンで夕飯を仕込みました。

Img_1165

Img_1166

Img_1167

市内から青島へ。
青島は現在は橋で渡れますが、以前は潮がひいているときに渡った・・・とお連れが申しておりました。

Img_1171

Img_1174

Img_1177

Img_1178
※洗濯岩に下りてみました

Img_1175


Img_1179_2

Img_1180

 青島神社に参拝し、御朱印を頂いてからキャンプ場系列ホテルのお風呂にゆっくりと浸からせていただき、
今日もキャンプ場で宿泊です。

【4月25日】
いよいよ帰りの準備にとりかかろうと“宮崎カーフェリー”に予約のTELを入れたところ、いつの日でもOKとのこと。
ただ問題が発生!
トレーラーは割引が一切きかないという・・・(11万3000円を要求される)
以前長崎に行った時の阪九フェリーは5万3000円だったので差は6万円。
新門司まで陸を走ることにした。
とりあえずこの日は佐伯まで走って温泉のある“道の駅やよい”で車中泊することにした。

Img_1192

Img_1196

Img_1197
正面の駐車場は温泉客が頻繁に出入りするので、第二駐車場(大型車用)の方で足を降ろした。

【4月26日】
今日の夕方に新門司→泉大津のフェリーに乗るけれど、少々時間があるので宇佐に立ち寄り宇佐神宮参拝と昭和ロマン蔵を見ることにした。
宇佐神宮では結婚式が行われるらしく、私のあとを新郎新婦がついてくる^_^;

Img_1205_2 ここで結婚式挙げる人ってどんな人なんだろう?

Img_1217

Img_1218

Img_1214

報告!です

この宇佐神宮のゲート式駐車場で、漫遊の旅二回目の “けいちゃんの真剣白刃どり” がありました!
入るときと出るときに 「ハーイ下りてきたよ・・・早く進んで^.^」 と落ち着いたもの
白刃どりも様になってきました。

Img_1229

Img_1232

Img_1233
神宮から約30分で豊後高田 昭和の町へ

Img_1242


Img_1244_3

Img_1252

 
商店会連合会が古い街並みを維持しています。

そしていよいよ旅の終わりを告げるフェリー乗り場へ

Img_1257




【4月27日】
泉大津港に6:00分到着
入港寸前に朝日が昇りました.

Img_1261 大阪にもきれいな夜明けがあるんだ・・・ね


付録1
※お家に帰る途中に前を走っておられました。
和歌山方面に向かわれる、つわもの会員の方でした。

Img_1262
付録2
※今回の御朱印

Img_1266

Img_1267

Img_1268

Img_1265_3

Img_1269

Img_1270

Img_1271_2

Img_1272_2
以上で長崎についで2回目の九州でした。
佐賀県、福岡県、熊本県の西側の旅もいずれ計画したいものです。

次の予定は6月9日から北海道へ行ってきます。


 ⇦こちらをクリックしてね(^^)


にほんブログ村
 ⇦こちらも(*^^)
にほんブログ村
  ⇦できればこちらも(^_-)
にほんブログ村

続きを読む

長崎県の旅≪10日目≫


にほんブログ村

【10月24日】


朝起きると風雨はますますきつくなっていました。
昨日の民宿での夕食はたくさんの御馳走で食べきれず、女将さんがお弁当にして下さいました。
ヒラマサの煮つけとイカ下足焼き、そしておにぎりです。(*^^)v

台風はまだ沖縄の南にいるのに、長崎ではすごく影響を受けています。
この状態ではつまらないので、帰阪することにしました。
予定では26日の夕方に阪九フェリーに乗るつもりでしたが、予定より2日早い帰阪です(T_T)
佐世保まで戻り、陸路で大阪をめざします。

途中、少し寄り道して田平天主堂だけは見て帰ることにしました。

20131024_103625_2

 
先月の南紀の旅は神社仏閣でしたが、今回は教会
づくしでした・・・

12時頃佐世保に着き、お昼はシルバーちゃんで
お弁当を食べてから高速に乗ります。
西九州自動車道⇒長崎自動車道⇒九州自動車道
をへて、関門橋を渡り本州へ・・・
中国自動車道から、17時過ぎに山陽道に入り本日
の運転はギブアップ!
今日は宮島SAでお泊りです。(SAでも雨は土砂降り
でした・・・)


宮島までの間に3度高速を降りてETCカードを差し
替えました。
牽引車は中型車扱いなので高速代も普通車の2割
増しになります。

        (上手にETCカードを切り替えると、時間帯割引きで3~5割引きを受けられます。)

 

 

【10月25日】

宮島SAを8時前に出発し、無事に我が家に到着しました。
今回の旅は台風27号君の洗礼を受けました!
旅には自然を楽しむこともも含まれると思うので、今回の台風27号君も自然の一環と受け止めます。・・・
もう一度長崎県を訪れよ!ってことなんでしょうか?

今回の旅の行程地図です。
全走行距離は1,800kmでした。

Photo

 

長崎県の旅 2013.10  ≪終わり≫


にほんブログ村

トラベルトレーラーと長崎の旅≪9日目≫

【10月23日】

朝、シルバーちゃんのベッドでお目覚め・・だが(夜中に雨の音と強風による揺れで何度も目が覚めた)
今日の観光には面白くなさそうな天候!
まずは平戸城に行き、平戸島全島はあきらめて、平戸北部だけを観光して生月島に入ることにしました。

※平戸城天守閣からの眺望

20131023_091404

20131023_091527 

 

平戸島では宝亀教会・紐差教会を見て海岸沿いを生月に向かいます。

20131023_115209_2

20131023_123010

20131023_123126

島々が見えるはずが、ただひたすら走っているだけとなりました(T_T)

平戸島から行き志摩へは生月大橋を渡って入るのですが・・・風がきつく橋の上から吹き飛ばされそうです。(>_<)

20131023_135529 ※渡り切った橋の下にある道の駅から撮影。
 (右に写っている船は波に逆らっていて、ほとんど進んでいませんでしたヨ)

 

ここから生月島を一周して民宿に入ります。
海岸沿いをぐるりと回るのですが、景色は全く見えません。最悪です!
トヨタ・日産・マツダがコマーシャルに使う所がありますが、さっぱりダメです・・・ただの道です! (写真も撮れません。)
何とか生月埼北の大バエ灯台だけは見てきました。(しかし景色は何も見えません!)
雨と風が出迎えてくれました・・・涙涙

20131023_155517

20131023_155009
ここにはこんな立て看板も・・・

20131023_154731
つまらない一日です!
民宿で美味いもん食って寝ます。


≪10日目につづく≫

 

トラベルトレーラーと長崎の旅≪8日目≫

【10月22日】

山暖簾で目覚めると  雨
どうやら昨日までで観光日和は打ち止めの様子が脳裏にちらつく・・・
台風27号の影響が思いのほか早そうな気配^^;

20131021_164900
 ガイドマップの世知原地区の散策は中止して、早々に平戸に向かうことにした。

平戸へはまっすぐ北上し、松浦街道を西進します。
お昼には平戸瀬戸市場の到着。
市場ではおまかせ丼(自分で好きなだけ刺身等をどんぶりにのせられるシステム)を食べて、
平戸大橋を渡り平戸島に入ります。

20131022_124641 ※平戸瀬戸市場のデッキから写した平戸大橋です。この橋を渡ります。

平戸島に入ってすぐのところに平戸観光案内所があり、そこで平戸観光の指南をしていただ
くために立ち寄りました。
担当の山口さんが丁寧に2日間のスケジュールを組んでくださいました。
今日は平戸市内の徒歩による観光で、明日は平戸島と生月島の観光です。
明日の宿は生月の民宿をとってくださいましたが、今日は・・・・・(-_-;)
「この案内所の駐車場で泊まってもいいですよ!」とやさしいお言葉を(^_^)/\(^o^)/
いただきP泊となりました。

20131023_080346 ※観光案内所のPで、明日に行く平戸城をバックに撮影。(いつものことですが、P泊ではポップアップしません)

市内では、寺と協会の見える風景・大そてつ・六角井戸・松浦資料館・オランダ商館等をみて
商店街の炉端焼きで一杯やって、シルバーちゃんでおやすみします。

20131022_141919

20131022_144703

20131022_144814_2

20131022_155201

20131022_170115

夜が更けるにつけ、風雨が強くなってきました。

明日天気になぁ~れ!

 

≪9日目につづく≫

長崎県の旅≪7日目≫

【10月21日】

10時出航の遊覧船「パールクイーン」に乗って九十九島を1時間の遊覧です。
実際は佐世保ー平戸瀬戸までの25kmで208島あるそうですが・・・

20131021_103302

20131021_103528
遊覧船では全貌が見えないので、石岳展望台からの絶景を見に行きましたよ!

20131021_142142

20131021_141709 本当に自然の絶景!!! 稲佐山の人工の絶景!!! どちらもGOODヽ(^。^)ノ

石岳展望台は公園でもあり、コスモス園がありました・・

20131021_143035 

今日の観光はこれで打ち切り、午後からはお洗濯することにしました。
市内のコインランドリーで約2時間(昼食もかねて)かかるので、今日のお宿を探すことに・・
実は昨日の観光ホテルはRV協会との湯YOUパーク提携ホテルでしたが、P泊をお願いした
ところ 「もう許可していません」 とのことで利用を断られました!
またしても・・・くるま旅クラブさん、どうなってるの?)

洗濯中に“まっぷる”だのみとなりました。
検討すること30分、いいところが見つかりました。 
 「山暖簾」です。
早速TELして今日の宿泊をお願いすると、OKとのことなので洗濯が終ってから直行!
16時頃に到着です。
このホテルは黒川紀章デザインのホテルで、何かと凝った造りになっています。
山の中にひっそりとあるホテルですが、おもてなしも良くすべてに満足でした。


※車を見てビックリされてましたが、玄関前の空きスペースに駐車させていただきました。
  おしゃれなホテルです

20131021_165437

20131021_163541
昼間は晴れていたのにホテルにチェックインするころには雨が降りだしました・・
台風27号の影響がではじめました(・・;)
これからの天気が不安です!

今日も温泉につかって、佐世保料理たべて、寝ます(-_-)zzz

≪8日目につづく≫

トラベルトレーラーと長崎の旅≪6日目≫

【10月20日】

3日間お世話になった「野母崎 海の健康村」を後にして、佐世保に向かいます。
ホテルの皆さんには大変お世話になりました。
このホテルは日本RV協会のくるま旅クラブの提携ホテルで、駐車場での宿泊、入湯、トイレ使用を快くさせてもらいました。
しかもホテルで1泊したからかもしれませんが、P泊の2泊分は無料にしていただきました。

実は稲佐山の提携ホテルにもお願いしたのですが、あっさりと「車は止められません」と断られました
(くるま旅クラブさん、どうなってるの?)

20131020_090206 ホテルと軍艦島(レンジとシルバーの間)よ・・・さよなら(^.^)/~~~


長崎市から佐世保までは西海市の西海岸沿いを北上します。
西海市は特に見るものがないのでスルー(でも途中に絶景の所がありましたので紹介します。)

20131020_111136_2






「道の駅夕陽丘そとめ」にてハーレー軍団に前方を押さえられました(・・;)

 

下の写真は 大島に渡る「大島大橋」です。

20131020_134053

20131020_134606


西海市から佐世保しに架かる西海橋と新西海橋です。

20131020_144842

20131020_144923
とくに左の西海橋は316Mあり、架橋当時は東洋一のアーチ橋だったそうです。

そして佐世保市に突入!
今日のお泊りはお昼に予約した「九十九島観光ホテル」でお世話になります。
明日の九十九島遊覧船のりばに徒歩で行けるホテルです

20131021_093016

今日も温泉につかって、美味しいもの食べて・・・おやすみです。



≪7日目につづく≫

 

長崎県の旅≪5日目≫

【10月19日】


今日も野母崎のホテルから長崎市内へ・・
今日の観光は平和公園からスタート!
こちらの平和記念像は北村西望作です。

20131019_111413 実は2日目の島原城内に北村西望記念館があり、お勉強済みです(*^^)v


下の写真は島原の記念館で撮影したものです。

20131016_153352

20131016_153021
※デザイン像が展示されていました。


そして平和公園の隣にある原爆資料館にも行きましたが、何ともコメントのしようがありませ
ん・・・です。

昨日のオランダ坂も辛どかったけど、浦上天主堂へ行くのも辛かった!
原爆資料館にレンジをおいて徒歩で約1.2K歩きます。

20131019_140103_2

20131019_140855_2
長崎は坂ばっかりです!
でも天主堂の坂下で果物屋さんのミックスジュースが美味しかったので・・まっいいか^_^;
 
この後は「日本二十六聖人殉教地」に行きましたが、よくわからんかった。

20131019_152259 
今日はこれで打ち止め!
早くホテルに帰って温泉と食事としましょう!(^^)!


≪6日目につづく≫

 

 

トラベルトレーラーと長崎の旅≪4日目≫

【10月18日】


今日から2日間、野母崎のホテルから長崎市内への往復による観光です。
トレーラーのシルバーちゃんは野母崎のホテルでお留守番となりました。
野母崎の「ホテル海の健康村」の支配人が2日間のP泊を快くOKしてくれました。

その訳は、長崎市内での宿泊・トレーラーの駐車が困難となったためです。

20131020_082447 ※ホテルのバスに守られてのP泊でした。

初日は長崎ちゃんぽん発祥の店「四海樓」で昼食、ちゃんぽんと皿うどんをわけわけして
食べましたが、感激は無し!

20131018_121617

20131018_121110_2
午後からは大浦天主堂・グラバー園・オランダ坂・孔子廊・眼鏡橋・出島を観光し、夕食は
トルコライスをいただいて、稲佐山へ・・・

20131018_142617

20131018_13133820131018_160856

 ※左から天主堂・旧クラバー邸・孔子廊

下の写真はグラバー邸にあったもの・・・ですが何のモデルか解かりますか?

20131018_132950 答えはキリンビールのラベルです!

20131018_170530

20131018_17362120131018_202802

※左から現存最古のアーチ型眼鏡橋・出島(復元)・稲佐山山頂からの夜景

そして9時すぎに野母崎のホテルで温泉につからせていただいて、シルバーちゃんで・・
(-_-)zzz


≪5日目につづく≫

 

トラベルトレーラーと長崎の旅≪3日目≫

【10月16日】

 夜はすごい風で少々寝不足気味だが、朝からは天気は回復している。
でも風は相当強い!
今日は島原半島世界ジオパークめぐりを予定してましたが・・・
まず、雲仙ロープウエイに行くと強風でお休み(T_T)
それでは溶岩ドームを見ようと仁田峠展望台に行くも、強風と雲と寒さでギブアップ!
 普賢岳も平成新山もまじかに見るのはあきらめて、一路島原市内へと向かいました。


第二展望台からは何も見えず!(右の案内図左下と比較して見てください)

20131016_102951

20131016_103046 

お昼ご飯は島原魚市場近くの「魚人市場 とっとっと」で1500円の華麗なる うどん をいた
だき、午後には島原市内に入り、島原城と武家屋敷etcを散策していたら・・・早17時

20131016_161252

20131016_141005

20131016_162850 

今日の宿はまだ決めてなかったので、お城のお姉さんに相談すると
お城から20分走ったところに「道の駅 みずなし本陣ふかえ」がありますよ・・・とのこと
3日目にしてシルバーちゃんの出番となりました。
近くのファミマで酒の肴をしいれて、真っ暗な道の駅でP泊となりました。

【10月17日】

道の駅 みずなし本陣ふかえ」で7時に目覚め、そして外に出てビックリ仰天!!!

20131017_064221

20131017_090253 
何と!目の前に平成新山が・・・ 思わず “じぇじぇじぇ” と叫んでしまった。

ここは土石流被災家屋保存公園にもなっており、土砂にうもれた11棟の家屋が保存されて
いました。

20131017_084911

20131017_084522

20131017_090112 
資料館では土石流や火砕流による悲惨なようすも見てきました。


今日は半島をぐるりと回って長崎市に入りますが、まずはお宿の予約です。
市内は明日からの観光として、今日は野母崎にむかいます。
野母崎のホテル「野母崎 海の健康村」の予約はあっさりOKでした。

途中でこんなモアイ像もありました。(岸総理にも似てるとか・・・)

20131017_114508

15時ぐらいにホテルに到着。
このホテルからは軍艦島が見えます(部屋・風呂・レストランからも・・)

20131020_085900

20131017_170908
軍艦島への観光船は3000円で行けるそうですが、廃墟は遠くからの方が・・・

≪10月18日につづく≫

トラベルトレーラーと長崎の旅≪2013.10.14~≫

9月に台風のため断念した長崎県、今回も台風26号が北上していましたが長崎漫遊の旅
は強行です。
今回の日程は27日の “アリス2013コンサート” までに帰阪すること!・・だけ。

10月14日は夕方出航のフェリーに乗り、台風とすれ違うように15日早朝、新門司に到着。
九州自動車道ー長崎自動車道を経て一挙に雲仙へ・・・(行先は当日にきめたのだが・・;)
15日は台風26号の影響をうけて風雨ともに厳しい状態でしたが、夕刻に一瞬だが雨は小降
りになり雲仙地獄を何とか見ることができました。


【10月14日】

家の近く(家から15分)にある泉大津港から、阪九フェリー“つくし”(2万3千屯)にて新門司
に向かいます。
つくしはトラック230台・乗用車140台をのせて航行し、全長は200Mあります。
17時30分出航の予定なので1時間の乗船待ちです。

20131014_160830_3


5時に乗船。レンジ+シルバーの全長は10Mなので当然トラック扱いに・・・

20131014_170147_4


21時に明石海峡を通過。
大橋のイルミネーションが変化してきれいだったが、遠くの台風の波を受け震度2~3程度の
縦揺れにより写真がぶれます。

20131014_183610_2

20131014_183314_2 
6階の個室でお休みします。
10時消灯です。   (-_-)zzz

【10月15日】

6時に新門司港に予定通りに到着。
船はかなり揺れていたが、久々のゆりかご気分で何とか眠れた。
それにしても大きな船です。
乗るときはお尻から・・・ 
降りるときは何と!お口をパックリあけた前から・・・

20131015_061342

フェリー埠頭のPにて本日の行先ミーティングを行い、雲仙に決定!
早速、“まっぷる”の本で本日の旅館探し・・・
雲仙地獄のすぐそばにある老舗旅館 「雲仙いわき旅館」 が当日予約OK!
14時に到着しましたが快くチェックイン、そして露天風呂をいただきました。
乳白色の硫黄泉で、いわき旅館の源泉かけ流しですよ(*^^)v

20131016_101305_3

20131015_172213_2


16時ごろ少し小降りになった時に雲仙地獄へ散歩・・

20131015_151511

20131015_154229

20131015_152716_2

食事は伊勢海老・アワビetcの舞踊り!
料理大満足・お酒満足で早々におねむとなりました。


≪16日・3日目につづく≫